スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nymphaea "King of Siam", a Water Lily Cultivar 

Today we focus on a cultivar of water lily.
PICT0005_20090411153240.jpg

Name; Nymphaea "King of Siam"(syn. "Chalong Kwan")
Year of breed; 1998
Breeder; Chaiyaphon Thamasuwan
Parents; N."Larpprasert"(seed) x N.colorata(pollen)

It bears deep purple double-petaled flowers. It was bred in Thailand and so its name contains "Siam(Old name of Thailand)".
PICT0006_20090411153320.jpg
I was very surprised when I saw this cultivar for the first time about 10 years ago, because there were very few double-petaled cultivars(ex. N. "Midnight") of water lily were available at that time. A flower of N. "King of Siam " has many petals that are wider than those of N. "Midnight", and this makes the cultivar impressive enough for its name. Besides, it is easy grower and propagates well.

PICT0009_20090411154107.jpg
This pictures shows its leaves that are green all over.
Please don't miss this beautiful cultivar during your visit.

今日ご紹介する品種はニムファエア キング・オブ・サイアムです。
PICT0005_20090411153240.jpg

スイレン科 スイレン属
Nymphaea  'King of Siam'(syn.‘Chalong Kwan’)
1998年 Chaiyaphon Thamasuwan作 
交配親 N.‘Larpprasert’ x N.colorata

濃い紫色の八重咲きです。名前に有るサイアムとはタイの事で、その名の通りタイで作られた品種です。別名のシャンロンクワンと呼ばれることもあります。
PICT0006_20090411153320.jpg
当時はミッドナイト位しか八重の品種が無く、初めてこの品種を見たときはとても驚きました!!!流石タイの王様と名の付くだけの存在感があります。花弁が多いし、またミッドナイトと違い花弁の幅が広い。増殖もそれ程難しくなく育てやすい品種です。

PICT0009_20090411154107.jpg
写真の様に葉は緑色をしています。是非、この美しい熱帯スイレンを実際に見ていただきたいですね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekemultilingual.blog81.fc2.com/tb.php/27-d02fd829

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。